目の健康

レーシックで視力回復

メガネやコンタクトレンズを使用している方で、裸眼で見えないということに不便を感じたことがあるという方は非常に多くいらっしゃると思います。
できることなら、メガネやコンタクトレンズに頼らずに、毎日快適な生活を送りたい…。
そんな方にオススメな視力回復方法がレーシックです。
話題になっている視力回復方法なので、視力矯正をされている方なら、その名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。
具体的にはどういったものなのか、ご説明させていただきます。

遠くの物・近くの物が見えなくなるということは、目の角膜が厚くなってしまったために、ピント調整ができなくなってしまった状態です。
その角膜をレーザーによって薄く削り、光の屈折力の調整をして視力を回復するという方法が、レーシックなのです。
簡単に説明してしまうとこんなところなのですが、何といっても目の手術なので、不安や恐怖が強くてなかなか踏み切れないという方も多くいらっしゃることと思います。
中でも一番の不安は、手術中や前後の目の痛みがあるかということや、失明をしてしまうことは無いかなどという、安全面に関することではないでしょうか。

しかしレーシックは、非常に安全な視力回復方法なのです。
まず痛みに関しては、手術前に目薬による麻酔を行うため、手術中の痛みは全くありません。
機械によって目を圧迫されているということは感じられますが、痛みは無いのです。
手術後は、麻酔が切れて目が沁みるような感じや、ヒリヒリしたりする感じがある場合もありますが、処方していただける目薬を使用すれば問題ありませんし、
それも1日程で治まってしまいます。

失明に関しては、全世界でレーシックが行われているのですが、これまでに失明の報告は1件も無いそうです。
また、非常に高性能な機械と、経験豊富なドクター、そして基準を満たしたクリーンルームで手術を行うので、感染症や失敗の恐れもまず心配ないでしょう。
後遺症に関しては、ハロー・グレアといって、夜間に車のライトや街灯の光がにじんで見えたり多少眩したりすることがありますが、
視力が悪かったときの状態と比べるとほとんど気になりません。

また一時的にドライアイになることもあるようですが、それも時間が経てば元通りになるようです。
このように、レーシックは非常に安全で、視力を回復するにはとても適した方法なのです。
何より多くの人が喜びの声を残しているというのが、このレーシックの良さを物語っています。
気になる方は、一度適正検査や医師の話を聞くだけでもしてみると良いのではないでしょうか。