目の健康

レーシックで遠視の矯正

現代では、近視で悩む人が多いために「遠視」というとなじみが無いという方も多いかもしれませんが、遠視も近視と同じ、角膜の屈折異常によって起こるものです。
近視は、その名の通り近くが見えて、遠くが見えにくいという症状を指しますが、遠視がその逆かというとそういうわけではありません。
遠視は、目の屈折力が弱いために、遠くも近くも見えにくいという状態を指します。
ですから、遠視の方は必要以上に目のピントを合わせようと目が頑張るので、眼精疲労をしやすかったり、それに伴って頭痛や肩こりを起こしやすかったりする場合があります。

遠視は、程度が軽い場合は自覚症状がほとんど無く、年をとっていくにつれて少しずつ症状が出てくる場合があります。
逆に症状が強い場合は、若いうちからでも近くも遠くも見えにくいと感じるようになり、目の疲れやすさを感じるようになります。
遠視は非常にやっかいなものなのですが、これはレーシックで改善することが可能なのです。
遠視にはイントラレーシックが有効だといわれています。

レーシックといえば、近視の人が利用するものだという認識が強いかもしれませんが、近視の人と同様に角膜の屈折異常が原因である遠視も、レーシックによって改善します。
この調節力が完全に無くなってしまうと、近くも遠くも見えづらくなってきてしまうので、こういった症状を自覚している方は、
レーシックを実施している医院で相談をしてみるといいかと思います。

ちなみに遠視は子どもによくある症状なのですが、子どもはレーシックを受けることができません。
目の成長は長くて20代中ごろまで続くことがあるそうで、その間は視力もどんどん変化していくのだそうです。
ですので、視力や目の状態が安定する20歳過ぎまではレーシックを受けることができません。

また、角膜の薄い方などレーシックが受けられない場合があるようなので、自分がレーシックを受けることができるかどうか、一度無料の適応検査を受けてみるといいと思います。
また、レーシックといっても色々な手術方法がありますので、沢山の方法の中から自分にピッタリな方法を探してもらいたいという方も、一度医院で相談されるといいかと思います。
また、レーシックの費用について詳しく知りたい方はこちらhttp://www.tasawuf.ws/syujyutuhiyou.htmlをご覧ください。
こちらレーシック手術.nameのサイトもおすすめですので、是非ご覧ください。