目の健康

レーシックの費用

レーシックによる視力改善を考えている方が悩むポイントの1つが、費用面ではないでしょうか。
レーシックの費用は本当に医院によって様々です。
内容によって、両目10万円以下で受けられるレーシックもあれば、30万円近くかかるものもあります。
あまりに安すぎると逆に不安になってしまいますし、高すぎると、もっと安く受けられるところがあるのでは…とも思ってしまいますし、
簡単に比較検討できない難しい部分でもあります。
これは、レーシックに使う機材や方法、内容などによって費用が変わってくるのです。

コンタクトレンズとレーシックの比較についても参考にご覧ください。
また、その後にかかる検査代や処方箋代などが含まれている場合もあれば、別途でかかってくる場合もあります。
医院が遠方である場合は、交通費がかかったり、場合によっては宿泊費も費用になる場合があったりします。
ですので、レーシックの費用というのは、額面だけでなくトータルを考えて算出するべきなのです。
レーシックを考えている方は説明会があるようなので参加してみると良いでしょう。

また、医院によっては値段によって保証期間が変わってくるものもあるので、今後の自分の生活や年齢なども考慮して、保証期間を考えたコースを選ぶという方法も有りだと思います。
例えば、目の成長は長い人で20代中ごろまで続くそうで、目が成長している間は視力も変化をしていきます。
20代でレーシックを受けた場合、そうした影響で視力がまた下がってしまう可能性があります。
その場合、保証期間内で再手術を受けられるように長期の保証期間がついたレーシックのコースを選ぶという方法をとると良いと思います。

どのレーシックにしても、ものすごく安価に済ますということは難しいと思います。
しかし、メガネやコンタクトレンズをこの先一生使い続けることを考えてみてください。
破損したり紛失したりした場合、その都度作り直したりする費用が必要になります。
定期的に検査に通う必要もありますし、視力が変化したりした場合は、これもまた作り直す必要が出てきます。

使い捨てコンタクトレンズの場合、月々にかかる金額が大したことなくても、この先何十年も使い続けることと、そのケア用品などにかかる金額とを考えると、
思っている以上に大きな金額になってくるのではないでしょうか。

一方、http://www.leqiys.com/05lasik.htmlにもかかるようにレーシックは一度にかかる金額は大きいですが、その先は目にかけるお金はほとんど必要無くなります。
トータルのコストと、手術後に手に入る快適な生活のことを考えると、レーシックの方がどれだけメリットがあるかわかると思います。
もし費用のことで悩んでいるのなら、先々のコストを計算して比べてみてください。
こちらでは、医療費控除についてのわかりやすい解説をしていました。参考になると思いますので、是非ご覧ください。
成功する確率が高いのですが、失敗してレーシック難民になっている方も中にはいます。
詳しくはこちらをご覧ください。