目の健康

レーシックの保険適用と金額

http://www.omgitsfree.com/souba.htmlにも書いてあるように高額な費用がかかってくるレーシック手術。
これが普段私達がお世話になっている健康保険で補うことができればいいのですが、残念ながら健康保険の対象外となっています。
じゃあ、この高額な費用をすべて自分で支払わなくてはならないのか…というと、そうでない場合もあります。

それが、生命保険・医療保険を活用するという方法です。
保険会社の内容によって変わってくるのですが、レーシックも「手術」になりますから、この手術における給付金が出るという内容の保険に加入しているのならば、
レーシックの費用が戻ってくる場合があります。
一度、ご自身の入っている保険の内容を確認し、保険会社に問い合わせてみるといいと思います。

こうなると、「レーシックを安く受けたいから、今から保険に入ろうかな」という考えが浮かんできますが、実は最近の新しい保険は
レーシックの手術は適応外になっているものがほとんどだそうで、レーシックのために保険に入るということは、残念ながらなかなか難しいようです。
保険がダメならば、もうお金が戻ってくるチャンスは無いのか…というと、まだあります。

それが毎年ある確定申告による医療費控除です。
医療費控除とは、1年間で世帯で支払った医療費が10万円を超える場合に税金がいくらか戻ってくるというものです。
レーシックを一度受ければ、10万円は軽く超えると思いますから、医療費控除が可能となるのです。
確定申告の際に、領収書が必要となりますから、他の医療機関でもらった領収書と一緒に大切に保管をしておきましょう。
これは、自分で申告をしなければ戻ってこないものなので、忘れないように申告しましょう。

その他に安くレーシックを受ける方法として、紹介制度やチケットなどがあります。
レーシックを受けた人から医院を紹介してもらうことによって、通常よりいくらか安く手術を受けることができるというものです。
もし近くにレーシックを受けたという人を知っているのなら、一度その人に感想と一緒に尋ねてみるといいかもしれませんね。

高い値段がかかるレーシック。
一生物の目の手術だからと思って、多少高い金額なのは仕方ないにしても、もしもお金が戻ってきたり、少しでも安価にできたりすることが可能ならば、活用しない手はありません。
ご自身の保険や、医療費のことなど、よく調べてみましょう。
またレーシックの正しい知識はしっかり頭に入れておきましょう。こちらのサイトhttp://www.nobizlikehomebiz.com/02.htmlも是非ご覧ください。