目の健康

レーシックで乱視の矯正

近視と同じように悩む人が多いのが乱視です。
近視と合わせて乱視にも悩んでいるという方も多く、近視以上にやっかいな目の異常なのかもしれません。
乱視は、弱いものならばそこまで気にならないのですが、強い症状のものだと非常に見えづらく、特に夜間はライトが反射して見えたり、異常に暗く感じたりすることもあり、
生活をしていく上でも不便だったり、場合によっては危険なこともあります。
なので、メガネやコンタクトレンズによる矯正がどうしても必要になってきます。
こちらでは、世界で行われているレーシックの状況について紹介していました。

今は随分とメガネやコンタクトレンズも薄型になってきたのですが、それでも乱視用のメガネはレンズが分厚いものが多く、またコンタクトレンズも
ハードコンタクトレンズしか使用できない場合もあり、矯正器具にも不便を感じることがあります。

乱視は遺伝であることが多く、これまで多くの人が諦めてきたのですが、今はレーシックという視力改善方法があります。
レーシックといえば、近視を改善するものだという印象が強いのですが、実は乱視にも効果があるのです。
メガネやコンタクトレンズで不便な思いをするのはもうイヤだと思っている方にこそ、レーシックを一度検討していただきたいです。

ただ、重要なのは病院選びです。
いくら気軽に受けられると言われていても、目の手術です。
実績や安全面、信頼・安心できるかという点で、病院選びは慎重に行うことをオススメします。
ネットなどで口コミや体験談、ホームページなどを見ることも良いのですが、一番良いのは実際に足を運んでみることです。
多くの医院で、無料の相談や、レーシックを受けられるかどうかの適応検査を実施しているので、迷っているのなら色々な医院で相談や検査を受けてみたり、
資料請求をしてみたりすると良いでしょう。

適応検査後は、医師と直接話ができる機会もあるので、心配なことや不安なことなど、どんな細かいことでも話してみましょう。
それに対して真摯に答えてくれるかどうか、先生の人柄として安心できるかどうかということを考慮し、決め手にすると良いでしょう。
また、院内の雰囲気や受付や他のスタッフの対応など、色々なところをチェックし、最終的に自分自身が安心してお願いできると思った医院でレーシックを受けましょう。

色々なところを回ったけれど、やっぱり不安が残る…というのなら、無理に受ける必要もありません。
一生ものである、目に関わってくる大切なことですから、不安や心配が少しでも残るようなら受けるべきではないと思います。
色々な情報を駆使して、自分が納得できる答えを見つけましょう。
また、NASA公認のレーシックについてもしっかり知っておきましょう。